FC2ブログ

アイコン作成ソフト 

カテゴリ:画像編集

IcoFX 1.6.4 / フリーウェア 40種以上とエフェクトが多彩でPNG圧縮のVistaアイコンに対応しているアイコンエディタ 効果をつけるシーンやドロップシャドウ、イメージの色のバランスと機能充実 日本語対応で使いやすい
動作確認機種
Windows98,ME,2000,XP,Vista
インストール
IcoFXのサイトからダウンロードしたicofxsetup.zipを解凍して、出てきたicofxsetup.exeをダブルクリック
Next
“I accept the agreement”にチェックを入れて「Next」→インストール先のフォルダを指定して「Next
スタートメニューに入れるフォルダの名前を指定して(必要ない場合は“Don't create a Start Menu folder”にチェックを入れる)「Next
デスクトップにショートカットを作りたい場合“Create a desktop icon”にチェックを入れ「Next
Install」でインストールが始まります。 インストール後すぐIcoFXを使う場合は“Launch IcoFX”にチェックが入っている状態で「Finish」をクリックし、インストールは終了です。
最初に
とりあえず対応言語を日本語に変更しましょう。 メニューの「Option」→「Language」から「Japanese」を選択してください。
主な機能
対応する最大サイズ256×256ドット
32bit、アルファチャンネルに対応
ぼかし、シャープ、レリーフ、エンボス、揺らす、ノイズ、等40以上の効果
コントラスト、明るさ、色合いの調整、グレースケール、ドロップシャドウ、ブラシ、文字、塗潰し、スポイト、消しゴム、線、四角形、角丸四角形、円形、拡大縮小、明るく/暗く、にじみ/鋭く、回転、移動に対応
グリット表示、非表示
PNG圧縮のVistaアイコンに対応
MacintoshのMac OS用アイコンの読み込みと保存に対応
出力対応形式
ico, bmp, jpg, jp2, gif, png, icl, icns
入力対応形式
ico, bmp, jpg, jp2, j2k, gif, png, cur, exe, dll, ocx, icl, icns
著作権者
Attila Kovrig
入手先
IcoFX - The Free Icon Editor

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)