スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【XOOPS】モジュール=コミュニティサイトとしての機能 

カテゴリ:CMS

XOOPSはコミュニティサイト構築のCMSとして有名であるが、そのディストリビューション自体の主な機能として、ユーザー生成と管理の仕組みである。

ユーザー生成と管理の仕組みだけでも構築するのは大変なので、それが目的でXOOPSを導入するメリットは十分。

その他の機能はモジュールを組み込むことによって実現していく。
http://xoopscube.jp/module
公式サイトでも紹介されているが、自分で作らなければならないような気もしてる。


ユーザーを管理する為のデータ管理はサイトによってことなるし、ユーザーの使い勝手やそれらの表示に伴う閲覧性に影響するのでカスタマイズが必要となる。
参考:
http://usadeki.jp/modules/pico/index.php?cat_id=8
うさぎにもできるXOOPS入門♪ ←超わかりやすいありがたいサイトです

モジュールのインストールにあたってつっかかりそうなところ
http://xoops.kudok.com/d3.htm

例えば上記のWebサイトとしての表側でない部分のシステムモジュールも存在しており、使い勝手を向上させる下記リンクのようなモジュールも存在する。
(ALTSYS) http://xoops.peak.ne.jp/md/mydownloads/singlefile.php?cid=1&lid=76
スポンサーサイト

【XOOPS】はじめ 

カテゴリ:CMS

コミュニティサイト構築といえばXOOPSということでやってみる
手順とか注意事項とか備忘録として

1.インストール
これはサーバーがサポートしてるケースも多くなったし、これまでに多くの人柱が立ってらっしゃるのでそれほど難しくないと思われる。

今回私ははローカルで動くものを使用
http://warp.ws/index.php?action=pages_view_main&page_id=16

インストール時につっかかりそうだなと思った部分の解説
http://usadeki.jp/modules/pico/index.php?content_id=53

2.あっという間にサイト(仮)ができあがってしまうのでタイトルとデザインを変更する

【タイトルその他サイト情報変更】
ログインして
管理者メニュー → 互換モジュール → 全般設定

【デザイン管理】
XOOPSではデザイン関連のことをテーマ(theme)と呼ぶらしい。HTMLとCSSをワンセットとしてフォルダ用意し、themeフォルダにぶっこむんでおくと管理画面から呼び出せるらしい。
管理者メニュー → 互換モジュール → テーマの管理

テーマの他にテンプレートという概念もあって、どうやらFC2ブログでいうところのプラグインのようなものっぽい。ブロックとは実際にはモジュールと関係してて、モジュールに含まれるサブコンテンツのことらしい。
メインメニューからアクセスする必要のあるモジュールのメインコンテンツとは異なり、トップページなどに常時貼り付けておくことができ、メインコンテンツと連携する。

じゃぁ、モジュールとは?ってことになるのだが、モジュールとは、XOOPSの機能を拡張するPHPプログラム群の名称となり、XOOPS利用ユーザが開発・改変を行い、配布を行っているプログラムとのこと。

私は導入したい明確な機能があってコミュニティーサイト構築に興味をもったので、それが実現できるかどうかはモジュールがあるかどうかにかかっている。

というわけで、モジュール探しの旅に出てみる。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。