スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デジカメ画像のプリントについて 

カテゴリ:規格

一般的な写真サイズは、L判(サービス判)と呼ばれる127mmに89mm
プリント出力で高画質とされるのは上記の通り解像度350dpi
600万画素デジカメ(2848x2136)で充分A4サイズまで間に合う

用紙の大きさ
L判 (89×127mm)
A4判 (210×297mm)
四切判 (254×305mm)
A3判 (297×420mm)
スポンサーサイト

音楽ファイルの形式 

カテゴリ:規格

大きく分けると音楽ファイルは、無圧縮・非可逆圧縮・可逆圧縮の3種類に分類されます。
各形式の性質は次の通りです。

<無圧縮>
圧縮されていないので音質はいいがファイルサイズが大きい。
≪ファイル形式≫
WAVE(WAV)/AIFF

<非可逆圧縮>

非可逆圧縮で圧縮した場合、元に戻すことが出来ず音質が劣化してしまうが、ファイルサイズを小さく出来る。
≪ファイル形式≫
MP3/WMA/Ogg Vorbis/AAC/AC3/ATRAC3/ATRAC3plus/RealAudio/TwinVQ

<可逆圧縮>
一旦圧縮しても、元のデータに戻すことが出来るため音質の劣化がない。
ファイルサイズは少し大きくなるが、最近はPCのHDD容量も大きくなったため人気が出ている。
≪ファイル形式≫
Flac/Monkey's Audio/TTA/WMA Lossless/RealAudio Lossless/Apple Lossless

<その他>
上記の3つは、音声データを音そのものの波形で記録しますが文字や記号で記録される特殊な形式のものもあります。
≪ファイル形式≫
MIDI
現状では、アップルのiTMS(iチューンズ・ミュージックストア)あるいはソニー系のMora、Yahooミュージックダウンロードから、ダウンロードした曲を、そのまま他のデジタルオーディオプレーヤー(携帯音楽プレーヤー)で聴く場合は、一旦通常の音楽CDを作成し、そこからたとえばMP3などの形式に変換する必要があります。その場合、若干の音質劣化を伴うということに注意してください。
便利な無料の音楽ファイル変換ソフトをお探しの方は、ファイル変換ソフト紹介のページをご覧下さい。

XHTMLのドキュメントタイプ 

カテゴリ:規格

ホームページ(htmlファイル)を作るとき、最初の行には <?xml ...>で XML宣言を記述します。
<例><?xml version="1.0" encoding="Shift_JIS"?>

そして次の行では、<!DOCTYPE ...> で XHTML のバージョンを記述するのだけど、バージョンによって書き換えなければなりません。
しかし、私はこういうのを覚えきれないので、いつもコピペしています。

XHTML 1.0 Strictの場合
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd">

XHTML 1.0 Transitionalの場合
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">

XHTML 1.0 Framesetの場合
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Frameset//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-frameset.dtd">

XHTML 1.1の場合
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.1//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml11/DTD/xhtml11.dtd">

XHTML Basic 1.0の場合
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML Basic 1.0//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml-basic/xhtml-basic10.dtd">

色覚バリアフリー 

カテゴリ:規格

赤緑色盲(第1色盲、第2色盲)
赤~緑の波長域において、明度が類似した色の見分けが困難で、赤と緑、黄緑と黄色の差が小さくなっている。

具体的に、第1色盲では濃い赤などはほとんど黒に見える。

第2色盲ではさらに色の区別が困難になり、ある色に赤、緑を足した色の区別しにくくなる。

いずれも彩度が低くなると識別が困難となるが、色相の見分けが苦手な分、明度や彩度の差には敏感で、同系色の明暗の識別に支障は無い。

第3色盲は色の感じ方自体は色盲でない人に比較的近いのだが、青と緑の区別が困難である。

配色を考える際の注意
緑は茶色に赤は暗く沈んだ色に見えるものと捉える。

<禁止>
オレンジと緑(第1色盲、第2色盲)
赤と緑(第2色盲)
濃い赤と焦げ茶(第1色盲、第2色盲)
黄色と黄緑(第1色盲、第2色盲)
深緑と茶色(第1色盲、第2色盲)

<見やすい色セット>
「カラーバリアフリー 色使いのガイドライン」より16進数カラーコードに変換して掲載
■#000000
■#E69F00
■#56B4E9
■#009E73
■#F0E442
■#0072B2
■#D55E00
■#CC79A7
以上はそれぞれの色の識別が可能なものではなく、それぞれの色の差が判別できる組み合わせであり、背景色との組み合わせによっては識別ができなくなる色が発生する可能性を含むので、背景色が白もしくは黒で問題ないものとして捉えておく。

バナーサイズ 

カテゴリ:規格

IAB Interactive Marketing Units
名称 サイズ
Medium Rectangle 300×250 IMU *
Square Pop-up 250×250 IMU
Vertical Rectangle 240×400 IMU
Large Rectangle 336×280 IMU
Rectangle 180×150 IMU *
Full Banner 468×60 IMU
Half Banner 234×60 IMU
Micro Button 88×31 IMU
Button 1 120×90 IMU
Button 2 120×60 IMU
Vertical Banner 120×240 IMU
Square Button 125×125 IMU
Leaderbord 728×90 IMU *
Wide Skyscraper 160×600 IMU *
Skyscraper 120×600 IMU
Half Page Ad 300×600 IMU

IAB Universal Ad Package
名称 サイズ 容量 アニメーション
GIF/JPEG FLASH
Leaderboard 728×90 20KB 30KB 15秒まで
Medium Rectangle 300×250
Wide Skyscraper 160×600
Rectangle 180×150 15KB 20KB

インターネット広告推進協議会による推奨規格
大カテゴリー 中カテゴリー サイズ 容量
バナー広告 スモールバナー 224×33 10KB
レギュラーバナー 468×60 20KB
ラージバナー 728×90 30KB
バッジ広告 スモールバッジ 120×60 10KB
レギュラーバッジ 120×90 15KB
ラージバッジ 125×125 20KB
レクタングル広告 スモールレクタングル 200×200 30KB
レギュラーレクタングル 300×250 40KB
ラージレクタングル 336×280 50KB
スカイスクレーパー広告 レギュラースカイスクレーパー 120×600 30KB
ワイドスカイスクレーパー 160×600 40KB
ラージスカイスクレーパー 148×800 50KB
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。